2010/1/9-11

2009/2/2

2009/11/6



平成22年1月9・10・11日
 とら・トラ・虎大集合 ! !               

 今年は”寅年” 現在香川県内では伝統工芸士3名(当店田井艶子を含む)が三豊市内に在住し、張り子虎を製作しております。西讃地方では江戸時代後半から始まったとも言われる張り子虎作りは、端午の節句や八朔に子供の健やかな成長を祈る縁起物として、多くのご家庭に保存愛用されています。

 こうした地域の伝統をPRしようと、三豊市観光協会が市内の家庭に呼びかけ、保存されている「張り子虎」を一同に集めての展示「とら・トラ・虎 大集合!」が、三豊市詫間町マリンウェーブにて行われました。
 明治初期に作られた1.2mものビックサイズから、体長10cm余りのミニサイズまで市民の方々から提供された129体の張り子虎が、ロビーに特設された雛壇に勢ぞろいしました。展示の張り子虎は大型サイズが多く、100体を超える張り子虎が一同に並ぶ姿は圧巻でした。

 当店作による張り子虎もたくさん展示され、この地域にて御愛用いただいたことに感謝・感謝です。

        三豊市ホームページ [ みとよHOTほっとNEWS H22/1/14 ]






 
三豊市民から提供されたいろいろな張り子虎
 
      

 張り子虎 絵付け体験         平成22年1月11日(日)             

 この期間中、張子虎をもっと知ってもらい親しみをもって頂こうと、3人の伝統工芸士による製作実演・解説・絵付け体験が開催されました。

 田井民芸も、1月11日、張り子虎の絵付け体験を行いました。お子さんからご年配の方までたくさんのお申込があり、伝統工芸士田井艶子による指導の下で絵付けを行いました。それぞれ個性豊かな模様や表情の今年の干支である寅のMy張子虎が出来上がりました。

 また会場には、田井民芸張り子虎最大サイズ”ジャンボ”を展示し、来場の子供達に騎乗体験をしてもらい楽しんでいただきました。



Link